電報の送り方

HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

電報の知識

祝電

多彩な祝電台紙

弔電

電報業者の比較

その他の電報

電報の送り方

電報を送ってみよう

こんなときに気持ちの伝わる電報を

このWEBサイトは、お祝いやお悔やみの際に用いられる電報について解説しています。

電報という言葉は知っているものの、利用したことがないという人が多いのではないでしょうか。まだ一般家庭に電話が普及していない頃、電報は緊急連絡の手段として用いられていました。昔の邦画の中で配達員によって電報が届けられるシーンを見かけることがあります。しかし、その後電話やFAX、さらに携帯電話や電子メールの普及によって、電報が使われる機会が少なくなりました。現在は祝電や弔電に使われることがほとんどのようです。

私たちが見慣れている電報の使われ方として、フジテレビの「笑っていいとも!」で、出演者に祝電が届けられる場面があります。一般的な祝電の使われ方としては、結婚式や出産、入学、卒業、誕生日などにお祝いのメッセージが届けられます。

他にも記念日や母の日、敬老の日など、さまざまなシーンで使用されます。また、お悔やみを伝える際には弔電が用いられます。なお、電報を送る際は、結婚式やお葬式で読み上げられることがあるため、出席する場合同様、冠婚葬祭のマナーに充分気を付ける必要があります。

昔の電報は「チチキトクスグカエレ」というようなごく短い文章で、カタカナが使われていました。しかし現在は緊急連絡というよりは、お祝いやお悔やみといった特別な場面で、しかも気持ちを伝えることに重点が置かれています。そのため、実に様々な趣向が凝らされるようになっています。カードにメッセージを添えるシンプルなものから、ぬいぐるみ、バルーン、フラワー電報のほか、ディズニーなどのキャラクターを用いたものなど、祝電用、弔電用に多彩な商品がラインナップされています。

携帯電話や電子メールによって、いつでも個人と通信ができる時代の中で、あえて電報でメッセージを伝えることに意味があるのだと思います。電報は日常的に使わないものだからこそ、もらった人は特別な気持ちになります。今まで電報を送ったことがない人も、電報の送り方を知り、相手に気持ちを伝えるひとつの手段として取り入れてみてはいかがでしょうか。

Copyright (C) 電報の送り方 All Rights Reserved